吸水ショーツのおすすめポイント!

投稿日:
最終更新日:2021/07/31(土)

「吸水ショーツって気になるけど、わからない部分が多くて何となく使いづらい」確かに、生理用品といえば、紙ナプキンが一番はじめに思い浮かぶ方も多いでしょう。
使ったことのないものを試すのは勇気のいることです。
本当に吸水ショーツだけでも大丈夫なのか?どんなときに使ったら良いのか?疑問点も出てきますよね。

今回は、吸水ショーツのおすすめポイントについてご紹介します。

吸水ショーツとは

吸水ショーツとは

吸水ショーツは、下着に吸水機能が加わった生理用品です。生理用品といえば、紙ナプキンや布ナプキン、タンポンなどが思い浮かぶでしょう。
吸水ショーツは、紙ナプキンなどの生理用品をつけなくても、経血を吸収してくれるアイテムです。

使い方もはくだけなので、ふだんのショーツと変わりません。
洗濯時も軽く汚れを落としてから、洗濯ネットに入れ、洗濯機で洗って干せば繰り返し使えるので、お手入れも簡単です。

吸収ショーツにはさまざまな種類があり、速乾シートや吸収シート、防臭シートや防水シートなどを使用することで、ひとつひとつの特徴が活かされています。

生理がいつはじまるかわからなくても大丈夫!

生理がいつはじまるかわからないときは、吸水ショーツをはいてスタンバイしてみませんか。ふつうの下着では汚れが気になりますし、生理がはじまってしまったら下着だけでは漏れが気になってしまうでしょう。


吸水ショーツであれば、生理用品の機能もあるため、いつでも経血を吸収できます。さらに、おりものが気になるときや生理の終りかけにも有効的に使えます。


なにより、アウターに響かないのが嬉しいですね。生理の心配をして紙ナプキンをつけているのは、コストもかかりますし、ムレが気になってしまうかもしれません。シーンに合わせて選べるお助けアイテムとして、吸水ショーツを上手に活用してみてください。

フィット感があってズレない

スポーツをするとき、漏れが気になって楽しめないことはありませんか?紙ナプキンだとズレが気になったり、お肌に当たってしまったり、スポーツをするにもためらってしまうシーンがあるかもしれません。

吸水ショーツは、下着と同じようにはくタイプの生理用品なのでフィット感があります。漏れにくいタイプのものを選ぶとスポーツに集中できそうですね。

伸び縮みしやすいタイプの吸水ショーツもあるので、スポーツ時や就寝中におすすめです。吸収量も吸水ショーツによって異なるので、経血量が多い日は、たくさん吸収してくれるものを選ぶと良いでしょう。


吸水ショーツのメリットとデメリット

吸水ショーツのメリットとデメリット

吸水ショーツにはメリットとデメリットがあります。それぞれ把握した上で、吸水ショーツにチャレンジしてみましょう!

メリット

吸水ショーツのメリットは、生理用の紙ナプキンに比べて厚みがないことです。厚みがない分、ふつうの下着と同じような感覚ではけるため、ゴワつかずいつも通りに過ごせます。

さらに、吸水ショーツは洗濯することで、繰り返し使えます。紙ナプキンなど、使い捨ての生理用品は、生理がくる度にゴミとして処分しなければなりません。

これからの地球を考え、環境に優しい生活を心掛ける方には、洗濯が可能な吸水ショーツがおすすめです。はじめて使う方は、休日や短い時間から試してみましょう。すぐにトイレへ行けるので、漏れの心配を回避できます。

デメリット

吸水ショーツのデメリットは、吸収量です。吸水ショーツの種類は豊富ですが、多い日にはヒヤッとすることがあるかもしれません。少しゆとりのある吸水ショーツを使うと、経血量の多いときは横漏れが心配になることも。吸水ショーツは、サイズ選びも大切。ぴったりのものを選ぶと安心です。

経血が通常の量であれば問題ないのかもしれません。でも、多い日は気になりますよね。吸水ショーツを日中にはきかえて対処するのも良いですが、漏れが心配なときは吸水ショーツだけにこだわらず、布ナプキンと併用してみてはいかがでしょうか。

紙ナプキンと併用することももちろん可能です。ただ、吸水ショーツで環境のことを考えている方は、なるべくゴミのでない優しい素材を使いたいですよね。


おすすめの活用方法

おすすめの活用方法

吸水ショーツだけでは、漏れが心配なときもあるかもしれません。量が多い日は、とくに気になる方も多いでしょう。吸水ショーツは、1枚で経血を吸収できてフィット感があります。下着感覚ではけるのはメリットですが、量が多い日は漏れが心配になることもあるでしょう。そんなときのおすすめ活用方法についてお伝えします。

吸水ショーツと布ナプキンを併用する

漏れが気になる方は、吸水ショーツと布ナプキンの併用がおすすめです。吸水ショーツと布ナプキンは、洗濯しながら繰り返し使えるため、経済的で環境にも優しいです。漏れが心配なときも吸水ショーツの間に布ナプキンが1枚あると安心ですよ。

紙ナプキンはゴミが出てしまいますが、吸水ショーツと布ナプキンは、捨てずに使えるため環境の面でも貢献できます。

お肌にも優しい布ナプキンをプラスして、快適に生理期間を乗り切りましょう!

布ナプキンの選び方

では、吸水ショーツと併用する際の布ナプキンの選び方についてお伝えします。

スリムな着け心地をのぞむ方は、ノーマルタイプの布ナプキンがおすすめです。紙ナプキンと同じように使えるので、洋服に響きづらい特徴があります。漏れが心配な方は、厚みのあるnunonaの3D布ナプキンがおすすめ。3Dタイプなので、洗濯しやすくて乾きやすい特徴があります。

漏れが心配なときは、吸収量の多い吸水ショーツと布ナプキンを併用してみてくださいね。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
ゆみこ
ゆみこ

地球と環境に優しい生活を目指し、より快適に過ごせるよう心掛けているライターです。布ナプキン歴は約5年。現在、「管理栄養士&転妻ライターゆみこBLOG」を運営中。気になることは積極的に試す好奇心旺盛な一面もあり。知りたい情報を的確に届けられるよう日々執筆しています。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品