吸水ショーツのデメリットって?

投稿日:
最終更新日:2022/05/27(金)

ナプキン交換の煩わしさがないことから注目を集めている新しい生理用品「吸水ショーツ」——気になっている人も多いのではないでしょうか? 「快適に過ごせそう」「お手入れがラクそう」という声がある一方で、「本当に漏れないの?」「衛生面が不安」と心配する声があるのも事実です。 実際に使った人から話が聞ければ良いのですが、身近に吸水ショーツを使っている人がいないことも多く、「吸水ショーツのメリット・デメリット」という話はなかなか聞こえてきません。

そこで今回は吸水ショーツについて、メリット・デメリットも交えながらご紹介します。 意外と知らない、注意しておきたいポイントについても解説するので、吸水ショーツを使ったことのない方や、検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

吸水ショーツとは?

まずは吸水ショーツという言葉を聞いたことのない方に向けて、吸水ショーツがどんなものかをご紹介します。

吸水ショーツはナプキン要らずって本当?

吸水ショーツとは?

吸水ショーツは、文字通り経血を吸収してくれるショーツです。肌に当たる面であるクロッチ部分に吸収体が入っているため厚みがあり、軽い日であればそれ1枚だけで過ごすことができます。

吸水ショーツは、経血を吸収させるものとして作られているので、基本的にはナプキンを当てる必要はありません。吸水量は商品によって異なりますが、なかには50ml以上の経血を吸収してくれるものもあります。タンポンや月経カップを使っている方も、交換のときにショーツに経血がついてしまうことがありますよね。吸水ショーツを履いておけば、万が一経血がついてしまっても平気です。こんな風に、吸水ショーツはほかの生理用品との相性が良いところも魅力のひとつです。

こまめなナプキン交換が煩わしいという人には、吸水ショーツはぴったりのアイテムといえるでしょう。洗って繰り返し使えるエコ&サステナブルな点も魅力です。

吸水ショーツって、どこで買えるの?

吸水ショーツとは?

少し前までは、限られたブランドからしか販売されていなかった吸水ショーツですが、最近は大手衣料品店でも販売が開始されるなど、続々と新しい製品が登場しています。

とはいっても、実店舗で手に取れる場所はまだ限られており、ネットショップで購入している人が多いようです。

ネットショップで買える吸水ショーツは1枚5000円以上するものもあり、通常のショーツに比べると少し高価なものが多いようです。


吸水ショーツのメリット・デメリット

では、実際に吸水ショーツのメリットとデメリットをご紹介します。吸水ショーツ使ってみようか迷っている方の参考になれば嬉しく思います!

吸水ショーツのメリット

吸水ショーツとは?

吸水ショーツのメリットは、大きく分けて4つあります。それぞれを詳しく見ていきましょう。

1つめのメリットは、ナプキンを交換する手間がかからないことです。通常のショーツと同じように履くだけでナプキンの交換から解放されるのは、こまめにトイレに行けないような忙しい女性には嬉しいメリットではないでしょうか?2つめのメリットは、漏れる心配が少ないことです。吸水ショーツのなかには、前も後ろも広い範囲に吸収体が縫いつけられているものや、隙間漏れがしづらいボクサータイプのものもあります。ナプキンのズレが原因で起こる経血漏れに悩まされることが少ないのも、嬉しいポイントです。

3つめのメリットは、生理が来そうなときに履いておくと安心できる点です。「もうそろそろ生理になりそうだな」というときに履いておくと、外出先で生理が来ても慌てて生理用品を購入せずに済みます。念のためにナプキンをしていたのに無駄にしてしまった…というのも防ぐことができますね。4つめのメリットは、ゴミが出ないことです。洗って繰り返し使えるので、エコかつサステナブルな生理用品であるといえるでしょう。

吸水ショーツのデメリット

吸水ショーツとは?

環境にやさしく便利な吸水ショーツですが、デメリットも3つ紹介します。1つめは経血量が多い日は長時間履いていると経血を吸収しきれない場合がある点です。2つめは、洗濯をする必要があること。揉み洗いや浸け置き洗いをして干すときには、経血を吸収するクロッチ部分に厚みがある分、乾くまでに時間がかかることがあります。

3つめは、初期コストがかかること。生理期間中を吸水ショーツだけで過ごそうとすれば、洗い替え用のものを含めて数枚必要になります。1枚あたりの価格は紙ナプキンや布ナプキンよりも高く、枚数を揃えるとなるとそれなりのお金がかかるのもデメリットと言えるでしょう。しかし清潔に保つと3年以上使い続けられるので、長期的に見るとお得な生理用品と言えます。初期コストを抑えたい方や経血量の多い方は、軽い日だけを吸水ショーツで過ごすのもおすすめです。それであれば、1.2枚準備しておけば十分ですよ。


エコ&サステナブルな生理用品は吸水ショーツ以外にも!

吸水ショーツを使ってみたいと考える理由は人によってさまざまです。中には、環境への配慮も兼ねて吸水ショーツを選ぼうとしている方もいるかもしれませんね。しかし、エコ&サステナブルな生理用品は吸水ショーツだけではありません。色々なアイテムを比較して、無理なく自分に合ったものを選ぶことが大切です。ここでは、ゴミが出ず環境にやさしい生理用品について、特徴と一緒に紹介します。

吸水ショーツに比べて導入ハードルが低い布ナプキン

吸水ショーツとは?

エコ&サステナブルな生理用品に興味があるという人は、いきなり吸水ショーツを試すより、まず布ナプキンを試すのもおすすめです。

吸水ショーツのデメリットのところでも先述しましたが、基本的に吸水ショーツは出先などでは交換する必要がありません。自分の経血量がどれくらいか把握できていない方は、漏れなどが気になる場合もあるでしょう。布ナプキンは使い捨てのナプキンとほとんど同じ形なので、使い慣れたサイズを選びやすいというメリットがあります。

吸水ショーツの場合は一気に買い揃えるのではなくまずは1枚だけ購入してみて、自分に合った吸水量のものを探すことがおすすめです。心配な場合は、吸水ショーツにナプキンを重ねて使ってもOKですよ!

洗濯の手軽さなら、3Dタイプの布ナプキン!

吸水ショーツとは?

吸水ショーツも布ナプキンも同じように、自宅での洗濯が必要です。慣れればとても簡単ですが、使ったことのない方は洗濯がひとつのハードルに感じる方も少なくありません。そんな方には、nunonaの「3D布ナプキン」をおすすめします。ノーマルタイプに比べて吸収量が1.2倍。肌に当たる面と、ショーツ面との間が分かれているデザインです。

揉み洗いのときにはその部分に手を入れてしっかりと汚れを揉み出しやすい仕様です。乾かすときには肌面とショーツ面の間を空気が通るので乾きやすく、洗うときも裏返してしっかり洗えます

ふんわり厚みのあるデザインなので、デリケートゾーンの丸みにやさしく沿う布ナプキンです。

nunonaの吸水ショーツはここが違う

吸水ショーツとは?

色々なメーカーから発売されている吸水ショーツですが、nunonaでも新しく取り扱いが始まっています。

布ナプキン専門店であるnunonaの吸水ショーツの特徴は、その柔らかな履き心地です!どのメーカーでも、隙間漏れがしづらいように設計される吸水ショーツ。デリケートゾーンとの密着度が高い分、ものによってはムレやにおいの原因になることも。nunonaは通気性のいい素材にこだわりながら、肌面に縫い目を施しています。肌への刺激を抑えるだけでなく、伝え漏れをキャッチして防ぎます。

初めての方に必要な洗剤や、持ち運び用のチャック袋がセットになったものもあるので、手軽に始めたい方はぜひチェックしてみてくださいね!

布ナプキンを始めてみよう!

布ナプキンを始めてみよう!

ハードルが高そうと思われがちな布ナプキンですが、実は意外と簡単に始められるのもうれしいポイントです。

布ナプキンについてもっと詳しく知りたい人は、『布ナプキンの基礎知識』で詳しくご紹介しているので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね!

布ナプキンの基礎知識
この記事を書いた人
いまむらゆかこ
いまむらゆかこ

大阪市在住のフリーライターです。エステティシャンとスキンケアメーカー勤務を経て、肌や美容・ライフスタイルに関わる記事を中心に執筆。おとな女性に向けたコンテンツを日々作成し、届けています。野良出身の足が短いねこと暮らしています。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品