吸水ショーツはナプキン不要のパンツ?

投稿日:
最終更新日:2021/08/02(月)

最近、「吸水ショーツ」というアイテムを耳にすることが多くなってきました。吸水ショーツは、ナプキンがいらない生理用パンツとして注目を集めています。一体どういうことなのでしょうか。

今回は、ナプキンがいらない生理用パンツである吸水ショーツについてご紹介します。

吸水ショーツはナプキンがいらない理由

吸水ショーツはナプキンがいらない理由

大見出し①に関する簡単な説明】「ナプキンがいらない」と話題の吸水ショーツ。ナプキンによるムレやかぶれに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。生理時にナプキンをつけずに済んだら、どんなに快適でしょう。ここでは、吸水ショーツはナプキンがいらない理由について見ていきます。

吸収体が一体になっている

吸水ショーツは、ショーツのマチ部分に吸収体があります。つまり、ショーツとナプキンが一体になっているイメージです。そのため、1枚でショーツとナプキン両方の役割を持っています。

「ショーツにナプキンがくっついている」「厚みがあってかさばりそう」「ゴワゴワしていそう」というイメージを持つかもしれませんが、実際には通常のショーツとほとんど変わらない履き心地です。薄くシームレスになっているものも多く、ズボンやスカートにもひびきにくくなっています。

マチ部分のみ吸収体があるものもあれば、後ろまですっぽり吸収体が覆っているものもあり、ラインナップは豊富です。ショーツであっても十分に経血を吸収してくれるので、ナプキンは必要ありません。

経血を長時間吸収できる

吸水ショーツの大きな特徴として、ナプキンよりも多い吸水量を持っていることが挙げられます。吸水ショーツの吸水量は15ml〜120ml程度まで幅があります。120mlだと一般的な使い捨てナプキン約8枚分、タンポン約12本分相当の吸水量です。

たっぷり経血を吸収でき、肌に触れる部分はさらさらで通気性にも優れているのでムレにくいです。吸水量の多い吸水ショーツなら、朝から夜まで1枚で生理の日を過ごすこともできます。ナプキンを数時間おきに取り替える必要はもうありません。

長時間使える吸水ショーツは、日中はもちろん、睡眠時も安心ですね。「ナプキンを持ち歩くのが嫌」「仕事中はなかなかトイレに行けない」「経血の量が多くて睡眠時が不安」という方におすすめです。

吸水ショーツの使い方

吸水ショーツの使い方

吸水ショーツはナプキンがいらない理由についてお伝えしました。一般的な使い捨てナプキンを使用することに比べて、1枚で長時間過ごせることや外出時の荷物を減らせることは魅力的ですね。ここからは、吸水ショーツの使い方について見ていきましょう。使い方を知ることで、実際に使用するイメージを持ちやすくなります。

生理時に通常のショーツと同様に着用する

吸水ショーツの使い方はとても簡単です。生理時に通常のショーツと同じように履くだけ。特別なことは何もありません。「本当に履くだけで大丈夫かな?」「漏れないだろうか?」と不安な方は、最初のうちは自宅で過ごすときに取り入れてみてくださいね。

着用時間は吸水ショーツの吸水量に応じて変わります。吸水量が多いほど、長時間の使用が可能です。あなたのライフスタイルに合わせてぴったりの吸水ショーツを選んで使いましょう。

吸水ショーツのズレによって漏れないように、自分の身体に合ったサイズを選ぶことも大切です。吸水ショーツだけで不安なら、上からスパッツやガードルを履くのもおすすめです。

使用後は流水ですすぎ、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗う

使用後の吸水ショーツは経血を吸収している状態ですが、きれいに洗うことで繰り返し使用できます。使用後は水か30度以下のぬるま湯ですすぎ、すすぎの水がきれいになるまでしっかり洗い流します。汚れが気になる場合は、アルカリ性洗剤を入れた水につけ置きすると落ちやすいです。その後、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗い、吸収面を表にして干します。

吸水ショーツはきちんとお手入れをすれば、長い間衛生的に使用できます。繰り返し使うことは、おさいふにも環境にもやさしいです。

吸水ショーツのお手入れ方法は、布ナプキンとも非常に似ています。布ナプキンはショーツにつけて使用し、使用後は洗って繰り返し使える生理用品です。すでに布ナプキンを使ったことがある人や使い慣れている人は、吸水ショーツも取り入れやすいでしょう。

吸収ショーツが不安な人は布ナプキンから始めるのがおすすめ

吸収ショーツが不安な人は布ナプキンから始めるのがおすすめ

吸水ショーツの使い方についてお伝えしました。1枚で着用できる上に、洗って繰り返し使えるので、とても便利です。「でも、いきなり吸水ショーツに変えるのは不安」という方は、布ナプキンから始めてみると、吸水ショーツも取り入れやすくなります。布ナプキンと吸水ショーツの使い分けについて見ていきましょう。

布ナプキンは一般的な使い捨てナプキンと同じ感覚で着用できる

布ナプキンがおすすめの理由は、一般的な布ナプキンと同じ感覚で使い始められるためです。

この記事を読んでいる方は、現在使い捨てナプキンを使用している方が多いのではないでしょうか。

布ナプキンなら、これまで使い捨てナプキンを使っていたのを布ナプキンに変えるだけなので、スムーズに取り入れやすいです。

布ナプキンと吸水ショーツは洗い方がほぼ同じ

布ナプキンをおすすめする理由として、吸水ショーツの洗い方とほぼ同じであることも挙げられます。布ナプキンも吸水ショーツも、使用後に洗って繰り返し使うという点で同じです。

布ナプキンにしろ吸水ショーツにしろ、流水でもみ洗い、ためた水でつけ置き洗い、洗濯機洗いという流れで洗濯をするのは手間に感じるもの。

しかし、布ナプキンから始めて少しずつ慣れていけば、「面倒だ」と感じることは少なくなります。さらに、布ナプキンなら1枚1,000円程度で購入できるのでリーズナブルです。「お手入れを続けられるかな」という方は、まず布ナプキンを使い始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
きのしたまい
きのしたまい

文筆家。北海道小清水生まれ、現在は東京で暮らしています。世界を知り、より心地良く生きることを題材に執筆。Webメディア『knstmi』、note『視点』運営。あらゆる世界やカルチャー、生活に目を向けて、日々考えています。趣味はいい香り探し、自分の身体に合った食研究です。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品