吸水ショーツで漏れるときの対策

投稿日:
最終更新日:2021/08/18(水)

生理中って横漏れが気になりませんか?日中はもちろん、就寝中は特に気になる方も多いでしょう。横漏れを気にするあまり、中々寝付けなかったり、うとうとした状態ですぐに朝が来てしまったりということもあるかもしれません。起床後にシーツの汚れを見つけたら、朝からテンションも下がってしまいますよね。生理用品は数多くでていますが、吸収ショーツを使用していても漏れが気になる場合はどうしたら良いか。

今回は、吸水ショーツで漏れるときの対策についてご紹介します。

生理中に気になること

生理中に気になること

生理中は何かと気になることが多くなりませんか?例えば、生理がはじまりそうなときにトイレへ頻繁に行ってしまったり、生理の日が旅行に重ならないかドキドキしてしまったり、汗ばむ陽気でムレが気になることもあるでしょう。まずは、生理中に気になることについて お伝えします。以下の内容について、あなたにも心当たりがありませんか。

就寝中に横漏れが気になる

生理中は、紙ナプキンをつけていても洋服に染みていないか気になりますよね。紙ナプキンを替えずに長時間つけていると横から漏れてしまうこともあるかもしれません。生理中は日中でも横漏れには気を使うものです。

反対に、就寝後は意識が働かないところであり、ぐっすり眠ってしまえば、漏れに気づかないこともあるでしょう。

とはいえ、日中に横漏れが気になる方は、眠ったあとの横漏れはさらに気になるのではないでしょうか。就寝中に動いたことで紙ナプキンがズレてしまうと横漏れも気になってしまいます。

ムレや厚みが難点

通気性の良い下着とは違い、生理中は紙ナプキンなど、経血を受け止めるものが必要です。紙ナプキン以外にも、月経カップやタンポンなどを思い浮かべる方もいるでしょう。

夏の気温が高い時期や暖房で汗ばむようなとき、スポーツで汗をたくさんかくシーンでは、生理中のムレも気になりますよね。

紙ナプキンなどを下着に装着すれば、その分厚みが出てしまい、洋服のラインを見て生理中だとわかってしまうかもしれません。

吸水ショーツで生理をサポート

吸水ショーツで生理をサポート

生理中の横漏れや厚みが気になったら、吸水ショーツを試してみませんか?吸水ショーツは、下着と同じ感覚で履ける生理用品です。洗って繰り返し使えるので、エコの面からも注目されています。下着と異なるのは、吸水機能や防水、防臭機能などが加わっていることです。紙ナプキンのように、吸水ショーツ自体が吸水機能をもっているので、生理期間のお助けアイテムとしても使用できます。どんなシーンで吸水ショーツの良さが発揮されるのかみてみましょう。

紙ナプキンのズレを気にしなくて良い

激しいスポーツをするとき、紙ナプキンがズレて洋服に経血がついてしまうことはありませんか。

しっかりと下着に装着できていれば良いのですが、スポーツの種類によってはいつの間にかズレてしまうこともあるでしょう。

また、動き回る小さなお子さんを追っていて紙ナプキンがズレてしまうことも。吸水ショーツなら、紙ナプキンのように下着に装着する必要はありません。そのまま履けばナプキン代わりになるので、紙ナプキンのズレは気にならなくなるでしょう。

すぐにトイレに行けないときに便利

仕事が忙しいときや旅行途中の移動時は、トイレに行くタイミングが掴めないこともあるでしょう。横漏れが心配で仕事に身が入らなかったり、目が離せない時期のお子さんがいると、トイレに行く時間もなかったりしますよね。

生理になっているかもしれないと思ったときに、トイレへ行けない状況だと余計に気になってしまうでしょう。

すぐにトイレへ行けないときも考えて吸水ショーツを事前に履いていると、安心感があります。「紙ナプキンを買い忘れた!」というときやすぐに買いに行けない状況のときも、洗濯しながら繰り返し使える吸水ショーツがおすすめです。

吸水ショーツでも漏れが気になるときの対策

吸水ショーツでも漏れが気になるときの対策

吸水ショーツを使っていても横漏れが気になることがあるかもしれません。吸水ショーツによって吸収量が違い、少ない日に対応できるものや多い日用のものまでさまざまな種類がでています。しかし、2日目や3日目のように多い日には、漏れが気になってしまう方もいるでしょう。吸水ショーツの吸収量の目安を大幅に超えてしまうときも漏れる可能性があります。そのため、吸水ショーツでも漏れが気になるときの対策についてご紹介します。

ベストサイズの吸水ショーツを選ぶ

吸水ショーツで漏れが気になるときは、もう一度サイズが合っているか確認しましょう。吸水ショーツには、下着と同様にいくつかのサイズにわけられています。

吸収量を期待してゆったりサイズの吸水ショーツを選ぶと、下着とお肌の隙間から漏れてしまう可能性もあります。漏れないように小さすぎる吸収ショーツを選ぶと動きづらくなってしまうかもしれません。

吸水ショーツを選ぶ際は、ぴったりサイズのものを選んでください。ただし、海外のブランドと日本のブランドでは、サイズ感が違うものもあるようなので、口コミや実際に手に取って確認してみると良いでしょう。

吸水ショーツと布ナプキンを併用する

吸水ショーツを履いていて横漏れが気になるときは、ほかの生理用品との併用を考えましょう。下着よりも吸収力がある吸水ショーツに生理用品を合わせれば、横漏れの心配も軽減できます。

生理の量が少ない1日目と終りかけの量が少ないときは、吸水ショーツだけでも過ごせるかもしれません。しかし、多い日は無理をせずに生理用品との併用をおすすめします。 布ナプキンは、吸水ショーツと同じように洗濯しながら繰り返し使える生理用品です。

エコな生活を心掛けている方は、布ナプキンと併用してみませんか。nunonaの布ナプキンは、使い勝手の良い3Dタイプ洋服に響かないノーマルタイプなどから選べるので参考にしてみてくださいね。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
ゆみこ
ゆみこ

地球と環境に優しい生活を目指し、より快適に過ごせるよう心掛けているライターです。布ナプキン歴は約5年。現在、「管理栄養士&転妻ライターゆみこBLOG」を運営中。気になることは積極的に試す好奇心旺盛な一面もあり。知りたい情報を的確に届けられるよう日々執筆しています。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品