自分に合う布ナプを選ぶためのポイント

投稿日:

布ナプキンを使ってみたいと思っても、どのように選ぶべきか迷ってしまいますよね。

「布ナプキンの選び方が知りたい」「おすすめの布ナプキンは?」そんな疑問を感じていないでしょうか。

今回は、布ナプキンの選び方についてご紹介します。

布ナプキンを選ぶポイント

布ナプキンを選ぶポイント

布ナプキンを選ぶポイントは、主に「種類」「形」「経血量」「素材」の4つです。

それぞれについてご説明していきます。

布ナプキンの種類で選ぶ

一つ目のポイントは、布ナプキンの種類です。

布ナプキンの種類は「一体型」「プレーン型」「ホルダー型」の3種類があります。

01.

一体型

一体型

一体型は、一般的な紙ナプキンと同じように1枚でそのまま使えるタイプです。

持ち運びが簡単で、交換時にはまるごと取り替えられるので、より衛生的に使えますよ。

初めての方やお子さまには一体型がおすすめです。

02.

プレーン型

プレーン型

プレーン型は「折りたたみタイプ」とも呼ばれ、四角形の布ナプキンを3つ折りにして使うタイプです。

汚れた面を裏返して内側にたたむことで、1枚で2度使用できます。

見た目がハンカチのような形状なので、布ナプキンを干すことに抵抗のある方も使いやすいでしょう。

03.

ホルダー型

ホルダー型

ホルダーは1日に1枚でよく、パッドを交換して使用します。交換用のパッドはリーズナブルなので、コストを抑えられるのが特徴です。

ホルダーは紐状のものとポケットのものがありますが、汚れがつきにくい紐状を選ぶと良いでしょう。

布ナプキンの形で選ぶ

二つ目のポイントは、布ナプキンの形です。

特に一体型の布ナプキンには、形がひし型と羽つきのものがあります。

01.

ひし型

ひし型

ひし形の布ナプキンは、見た目がシンプルです。

羽がないため、フィット感を感じにくいことがあります。

02.

羽つき

羽つき

羽つきの布ナプキンは、下着にしっかり装着しやすいです。フィットしやすく、ズレを感じにくいでしょう。

見た目はナプキンらしい形をしています。

経血量で選ぶ

経血量で選ぶ

経血量によって布ナプキンのサイズを選びましょう。

布ナプキンは、一般的な紙ナプキンと同様にサイズ展開がされています。

ふつうの日用、多い日用、軽い日用、おりもの用などが基本です。

また、プレーン型やホルダー型なら吸収体を重ねるなどして調節できますよ。

素材で選ぶ

布ナプキンにも素材のちがいがあります。

よく使われるコットンとガーゼについてご紹介しましょう。

01.

コットン

コットン

コットンはふわりと柔らかく、肌触りの良さが特徴です。ほかにも、

• 保温性があり温かい
• 吸湿性が高くムレにくい
• 肌への刺激が少ない

といった特徴があります。

ガーゼに比べると多少乾きにくく、瞬間的な吸収力は弱いです。

コットンはつけ心地が快適で漏れの心配も少ないため、はじめての方にはおすすめですよ。

02.

ガーゼ

ガーゼ

ガーゼはさらりとした乾きやすさが特徴です。

• 瞬間的な吸収力が高い
• 繊維の編み目が大きく乾きやすい
• 経血が肌残りしづらい

などの特徴を持っています。

コットンに比べると肌触りが固く、肌に刺激を感じやすいです。また、保水力はあまりないため貫通モレしやすく、量が多い人には向いていません。

量が少なめで、さらっとした肌触りが良いという人にはおすすめです。

おすすめの布ナプキン

初めての布ナプキン選びは迷うものです。初心者さんにおすすめの布ナプキンをご紹介します。

はじめての布ナプキンなら『おためし3日間セット』

おためし3日間セット

初めて布ナプキンを選ぶならお試しセットがぴったりです。おりもの用・昼用・夜用の3種類と洗剤、チャック袋がついています。

nunonaの布ナプキンは「一体型」と「ホルダー型」を兼ね備えた『3D立体布ナプキン』なので、両方のメリットを実感できますよ。

肌に合わなければ全額返金保証もあるので安心です。

「おためし3日間セット」の商品ページはこちら

まずは生理日以外に試したいなら『おりもの用はじめてセット』

おりもの用はじめてセット

生理の日にいきなり試すのは不安、という方におすすめです。

まずは、おりものシートのかわりに使うことから始めてみてはいかがでしょうか。

「おりもの用はじめてセット」の商品ページはこちら

この記事を書いた人
きのしたまい
きのしたまい

文筆家。自分が豊かになれる生活や考えについて執筆しています。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品

nunonaのおすすめ商品