布ナプキンを煮洗いする方法と注意点

投稿日:

布ナプキンのお手入れ方法として「煮洗い」を耳にすることがあるかもしれません。

「布ナプキンは煮洗いしてもいいの?」「煮洗いの注意点は?」と疑問に思う方もいるでしょう。

今回は、布ナプキンの煮洗いについてご紹介します。

布ナプキンの
煮洗いはしてもいい?

布ナプキンの煮洗いはしてもいい?

布ナプキンの煮洗いについて調べると、「煮洗いはしてはいけない」「煮洗いがおすすめ」と正反対の情報が出てきて、困惑することがあります。結論からお伝えすると、布ナプキンの煮洗いはできるものとできないものがあるのです。詳しく見ていきましょう。

煮洗いOKのものと
NGのものがある

布ナプキンは、 煮洗いはOKのものとNGのものがあります。違いは、布ナプキンの素材 です。

基本的に、化学繊維を使用した布ナプキンは煮洗いができません。もし煮洗いすると、生地が傷む、防水などの効果が弱まる、素材の風合いが損なわれるなどの原因になります。

煮洗いできるかどうかは、布ナプキンの購入時に表示や案内がある場合もありますよ。煮洗いできる布ナプキンかをよく確認しておきましょう。

煮洗いでは
注意点を守ることが大切

煮洗いをするときは、 正しい洗い方を知り、注意点を守ることが大切 です。

間違った方法で煮洗いすると、布ナプキンが傷む原因になります。

正しい洗い方を知って、布ナプキンを清潔に長持ちさせましょう。

布ナプキンの煮洗いの方法

布ナプキンの煮洗いの方法

布ナプキンの煮洗いは、正しい方法を守ることが大切です。正しく煮洗いすることで、布ナプキンのシミ汚れをきれいに落とすことができますよ。ここでは、布ナプキンの煮洗いの方法をご紹介します。

水に洗剤を溶かして
火にかける

まずは、水を入れた鍋を用意します。使用する鍋はステンレス製かホーロー製を選びましょう。アルミ製の鍋は洗剤の成分で変色・腐食しやすいので避けます。

洗剤をよく溶かします。 洗剤はアルカリ性の「セスキ炭酸ソーダ」や「重曹」、「粉石せっけん」がおすすめ です。

洗剤がだいたい溶けたら弱火にかけます。

布ナプキンを入れて
30分煮る

布ナプキンを鍋に入れ、 40〜50度の温度で30分ほど煮ます。 温度計を入れて確認しながら煮るといいですよ。

50度以上の高い温度で煮ると、血液汚れが凝固して落ちにくくなってしまうので、注意しましょう。

30分経ったらお湯から出して、水で手洗いし、脱水して干します。

布ナプキンを
煮洗いするときの注意点

布ナプキンを煮洗いするときの注意点

布ナプキンを煮洗いするときには、注意すべき点があります。守らなければ、布ナプキンが傷む原因になるので、よく確認しましょう。布ナプキンを煮洗いするときの注意点をご紹介します。

素材を必ず確認する

布ナプキンの素材をしっかり確認しましょう。 コットンやリネンだけで作られた布ナプキンなら、煮洗いしても問題ありません。

ただし、見た目には布ナプキンでも、内側に化学繊維が使用されていることがあります。防水布が使用されているナプキンは煮洗いNGです。防水効果がなくなってしまいます。

また、色柄ものの布ナプキンは色落ちしやすいので注意が必要です。特に後染めしている布ナプキンは、ほかの洗濯物に色移りするため、一緒に洗濯するのは避けましょう。

煮洗いすると消耗しやすい

煮洗いは汚れやシミを落とせる反面、 布ナプキンの消耗を早めます。

繰り返し煮洗いすると、布ナプキンが長持ちしにくくなるので、気をつけましょう。

どうしても気になる汚れやシミがあるときのお手入れとして、うまく活用するといいですよ。

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

まずはお試し!
2種類のおりもの用入りセット

nunona人気No.1!
ひと通り揃うお得なセット

最大50%OFF!
数量限定の布ナプキン福袋

この記事を書いた人
きのしたまい
きのしたまい

文筆家。北海道小清水生まれ、現在は東京で暮らしています。世界を知り、より心地良く生きることを題材に執筆。Webメディア『knstmi』、note『視点』運営。あらゆる世界やカルチャー、生活に目を向けて、日々考えています。趣味はいい香り探し、自分の身体に合った食研究です。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品