布ナプキンの雑菌対策をしよう!

投稿日:
最終更新日:2021/09/30(木)

布ナプキンを使用する際「きちんと雑菌が落ちているのか」「何度も繰り返し使って衛生面は大丈夫なのか」と不安を感じる方も多いでしょう。

確かに、何枚もの布を重ねた構造の布ナプキンは、正しく管理しないと雑菌が繁殖してしまうことがあります。ただし、きちんとポイントを押さえて毎回洗濯をすれば、長期間清潔に使い続けることも十分可能です。

そこで今回は「布ナプキンに雑菌を繁殖させないためのポイント」をまとめてご紹介します♪

布ナプキンに雑菌を
繁殖させないための洗濯の基本

布ナプキンに雑菌を繁殖させない方法は実は簡単。洗濯の際「内側まできちんと汚れを落とす」「内側まできちんと乾かす」という2点を守るだけで、布ナプキンの雑菌の繁殖をかなり防げます。目で見える表面だけでなく、内側までというのがポイントです。

簡単3ステップ!布ナプキンの洗い方

布ナプキンの内側まで
きちんと汚れを落とす

布ナプキンの内側まできちんと汚れを落とす

布ナプキンは、布を何層にも重ねて作られています。そのため、目で見える表面の経血汚れだけ落としても、内側に経血が残っていると雑菌の繁殖の原因になることも。

布ナプキンを洗濯するときは、内側から汚れを押し出すように洗うのがポイントです。表面がきれいになっていたとしても、内部に汚れが残っていないか、絞ったときに水が汚れないかを注意して確認しましょう。

心配な場合は、定期的に「酸素系漂白剤」でつけ置き洗いをするのもおすすめです。

布ナプキンの内側まで
きちんと乾かす

布ナプキンの内側まできちんと乾かす

布ナプキンを乾かすときも、表面だけでなく内部までしっかり乾いているかを確認しましょう。少しでも水分が残っていると、半乾きの不快なニオイや、雑菌の繁殖につながってしまいます。

布ナプキンは最低限の枚数より少し多めに準備しておき、乾いたかどうか不安なときや天気が良くないときはもう1日余分に干しておくと安心です。

また、基本は天日干しがおすすめですが、乾きが悪いときはネットに入れて乾燥機にかけたり、肌面にタオルを当てて低温でアイロンをかけたりする方法も有効です。

布ナプキンの雑菌対策【つけ置き編】

使用済みの布ナプキンは、基本的にもみ洗い、つけ置き、すすぎの工程で洗濯をします。このとき、つけ置きの工程に工夫を加えることによって、布ナプキンの雑菌対策ができます。

こまめに水を取りかえる

こまめに水を取りかえる

つけ置き水にはアルカリウォッシュなどの洗剤を溶かしているので雑菌は繁殖しないと思われがちですが、実は長時間置きすぎると雑菌繁殖の原因になることもあります。

布ナプキンのつけ置き時間の目安は3時間~半日程度。特に夏場は、放置するとカビが生えて非常に不衛生な状態になることもあるため、長時間つけ置きしすぎないことが大切です。

やむを得ず長時間つけ置きする場合は、途中でこまめにつけ置き水を交換するだけでも雑菌対策になりますよ!また、夜の入浴時にもみ洗いを済ませ、そのまま朝までつけ置き、その後他の洗濯物と一緒に洗濯機で回すという習慣を付ければ、洗濯の手間を軽減できるのでおすすめです。

殺菌成分入りのアロマを使用する

殺菌成分入りのアロマを使用する

「つけ置き水のニオイが気になる」「どうしてもこまめにつけ置き水を取りかえられない」というときは、殺菌成分の入ったアロマオイルをつけ置き水に2~3滴混ぜる方法もあります。

少し混ぜておくだけで何もしないときよりニオイが軽減されるほか、アロマの優しい香りで気分もリフレッシュ!nunonaでも天然成分から作られた無添加のアロマスプレーを取り扱っているので、オレンジやラベンダーなどお気に入りの香りを選んで洗濯に取り入れてみてください。

布ナプキンの雑菌対策【干し方編】

布ナプキンをいくらきれいに洗っても、きちんと乾かさなければ雑菌だけでなくカビの繁殖につながることも。ここからは、雑菌が繁殖しにくい布ナプキンの干し方をご紹介します。乾かし方のポイントも押さえて、布ナプキンを清潔に使いましょう!

風通しを意識して干す

風通しを意識して干す

布ナプキンを干すときに、隙間をあけずに詰めて干すと通気性が悪く乾きにくくなります。そのため、干すときは適度に間隔をあけて洗濯物の間を風が通るようにしましょう。

布ナプキンを内側までしっかり乾かすには意外と時間がかかりますが、干す前に洗濯機で脱水したり、室内で干す場合は扇風機で風を送ったりすると時短になりますよ!

nunonaの3D立体タイプの布ナプキンを使っている場合は、中央部を開いた状態で干すのがコツです。なるべく1枚1枚の布ナプキンに風が当たるような干し方を意識すると良いでしょう。

天日干しで殺菌する

天日干しで殺菌する

日光には、雑菌の繁殖を抑える天然の殺菌作用があります。洗濯後の布ナプキンはなるべく天日干しする習慣を付けましょう。やむを得ず室内に干す場合でも、できるだけ窓際の日の当たる場所を選ぶのがポイントです。

布ナプキンを外に干すのが恥ずかしい場合は、目隠しのように周囲にタオルやTシャツなどを干して外の視線からガードしましょう。日ごろからできるだけ天日干しをすることで、雑菌の繁殖を防げます。

布ナプキンお洗濯のよくあるQ&A
この記事を書いた人
sakuranbo
sakuranbo

元美容師として働いていた知識を元に美容系やトレンド、お得情報など様々な記事を執筆しているママライターです。『やらない後悔よりもやって後悔』をモットーに、体当たり人生を謳歌しています。生理痛に悩み、布ナプキンの虜になってから数年にわたって愛用中。快適な布ナプキンライフの紹介ができたらと思います。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品