重曹を使った布ナプキンの洗い方

投稿日:

体と環境に優しい布ナプキン。せっかくなら洗うときも環境に優しく、簡単に行いたいですよね。そんな方におすすめしたいのが「重曹」。重曹は昔から掃除や洗濯、食用まで生活に幅広く使われていました。

布ナプキンの汚れ落ちが良くなり、ニオイ対策にもなる優秀な洗剤になります。

今回は重曹を使った、布ナプキンの洗い方についてご紹介します。

布ナプキンの重曹洗いで必要なもの

布ナプキンの重曹洗いで必要なもの

布ナプキンを重曹で洗濯するにあたって、必要な道具は次の2つです。

浸け置き用のバケツ

布ナプキンは外したあとに、水と重曹を入れた洗浄液に浸け置きします。

バケツは布ナプキン数枚がしっかり浸かるように、2Lくらいの容量がおすすめです。

洗濯ネット

浸け置きが終わったら洗濯ネットに入れて、洗濯機で洗います。

浸け置きである程度汚れが落ちていれば、ほかの洗濯物といっしょに洗ってもOK。

汚れが少なければ、重曹を使った手洗いだけでもOKですよ。水が透明になるまでしっかり洗いましょう。

重曹を使った布ナプキンの洗い方

重曹を使った布ナプキンの洗い方

実際に重曹を使って布ナプキンを洗う手順をご紹介します。布ナプキンは浸け置きの前に予洗いしましょう。布ナプキンから経血が出なくなるまで、水かぬるま湯で押し出すように洗うことがコツ。ここで余分な経血を洗い流すと、シミができにくくなります。

重曹水に浸け置きする

次に水またはぬるま湯を溜めたバケツに、重曹を入れて溶かした洗浄液を作ります。量は水1リットルに対して、重曹5~10g(小さじ1)を入れてください。

重曹は水に溶けにくいので、少量のぬるま湯で溶かしておくと安心ですよ。汚れを抜けやすくするために、経血がついた面を下にして浸けることがポイント。

少量の汚れなら1時間~4時間が目安。雑菌が繁殖しないよう、長くても8時間の浸け置きにしてください。

もみ洗いor洗濯機で仕上げ洗い

もみ洗いか洗濯機で仕上げ洗いをします。中に含まれた水を外に絞るイメージで揉み洗いしましょう。強くゴシゴシと擦ると変形したり、摩耗したりするので、押し出すように揉んでください。

水が完全に透明になったら、手のひら同士で挟んで脱水します。汚れが落ちなければ、洗濯ネットに入れてほかの洗濯物と洗ってもOKです。

このとき、洗剤として水1リットルに対して重曹5~10gを入れてください。柔軟剤を入れると布表面に膜ができて、吸収力が落ちるので科学的な洗剤は控えましょう。

布ナプキンを重曹で洗う時の注意点

布ナプキンを重曹で洗う時の注意点

重曹を使うときは、布ナプキンを衛生的に保つために次の点に気を付けてください。

汚れがひどいところは重曹を直接かける

シミになりそうなところは、重曹の粉を直接ふりかけてください。そのまま優しく揉み洗いすると汚れが落ちやすくなります。ただし、重曹が中に残らないようしっかりと仕上げ洗いをしましょう。

水よりもぬるま湯の方が汚れを落としやすいので、お湯を注ぎ足すことをおすすめします。

天日干しで乾燥させる

生乾きだと内部に雑菌が繁殖してしまいます。

ニオイの元になるうえ、不衛生で吸水性も落ちる原因に…。必ず天日干しをして減菌しましょう。天気が悪い日はしっかりと乾燥するまで、長めに干してください。

nunonaでは、重曹では落としきれない汚れにも対応したアルカリウォッシュを販売しています。油脂を乳化してタンパク質を分解する、セスキ炭酸ソーダ100%でできています。頑固な経血汚れをしっかり分解してくれますよ。アルカリ性天然素材だから、手が荒れづらいところもおすすめポイント。手荒れを気にせず布ナプキンを洗い上げられます。

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

漏れにくさを体験!
ノーマルと3Dを試せるセット

翌日のストックを完備
便利グッズ付きセット

プチプラで体験♪
さくっと始められるセット

この記事を書いた人
いがらしあきと
いがらしあきと

フリーライター。日本化粧品検定1級を所持しています。普段は美容やコスメ、子育てなど女性向けの記事を執筆。またアニメや漫画などのサブカルチャー系の執筆や取材も担当しています。趣味は読書と娘とのお絵描きが好きなインドア派です。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品