布ナプキンは「一体型」と「ホルダー型」どっちがいい?

投稿日:

布ナプキンをこれから使ってみようかな?と考えている方は、自分にはどの布ナプキンが使いやすいのか分からないというところからのスタートですよね。

使いやすそうな布ナプキンを選びたいと考えているなら、まずは布ナプキンの種類について知っておきましょう。

今回は、「一体型」と「ホルダー型」の特徴についてご紹介します。自分にはどっちが使いやすいかな?という視点で見てみてください。

一体型の特徴は?

一体型の特徴は?

まずは「一体型」の特徴から見ていきましょう。

メリットは使い捨てナプキンのような気軽さ

「一体型」は、一般的な使い捨てナプキンと同じような形をしています。他のアイテムと組み合わせて使う必要はなく、ショーツの上に「一体型」をセットしたらそれだけでナプキンとして完成です。

使い慣れたものと近い感覚で使えるので、布ナプキンへのハードルがグッと下がるかもしれません。

1枚で完成しているので、外出時に必要なアイテムをあれこれ考える必要もなし。必要な枚数の「一体型」だけを持てば良いので、荷物も最小限に抑えることができます。

汚れを落としにくいのがデメリット?

布ナプキンにはお洗濯が必要ですが、「一体型」はバラバラにできないので染み込んだ経血を押し洗いしながら汚れを落とします。

このとき、奥に染み込んだ経血を落としにくいと感じることも。ただし、つけ置きなどの工夫で改善されますよ。

ホルダー型の特徴は?

ホルダー型の特徴は?】

続いては、「ホルダー型」の特徴を見ていきましょう。

細かな調整ができるのはメリット

「ホルダー型」は、経血を吸収する吸収体と、吸収体を固定する土台の2種類を組み合わせて使います。ナプキンを交換したいときには、土台部分が汚れていなければ吸収体のみの交換でOK。買い替えるときも、吸収体のみ買い換えることもできます。

また、経血の量に応じて吸収体の厚みを使い分けることもできますよ。少ない日には薄くてすっきりした吸収体を、多い日にはしっかりと厚みのある吸収体で安心感をと、細かな調整も可能です。

吸収体と土台を分けることができるので、洗濯がしやすく乾きやすいという特徴もあります。

吸収体を自分で選ばなければいけないのはデメリット?

量に応じて調整できるのがメリットの「ホルダー型」ですが、量に合わせて自分で調整しなければいけないと考えるとデメリットとも言えます。細かなことを考えなくても安心して使えるものをという方には不向きかも。

外出時には、ホルダーが汚れることも考えるとホルダーと吸収体どちらも持って出かけることになります。そのため、「一体型」に比べると荷物がかさばるかもしれません。

「一体型」と「ホルダー型」どっちにする?

「一体型」と「ホルダー型」どっちにする?

「一体型」と「ホルダー型」の、メリットとデメリットを見てきました。続いては、それらをもとにどっちを選べばよいのかを見てみましょう。

使い慣れた方法がラクという方には「一体型」

「一体型」は、使い捨てナプキンと同じような感覚で使えるので、初心者さんでも使いやすいのが最大のメリット。

布ナプキンに替えたとしても、慣れた手順で同じように使いたいという方には「一体型」がおすすめです。

使い終わった後はコンパクトに畳めるので、バッグが小さめという方も使いやすいかもしれません。

経血の量に差がある、洗濯が苦手という方は「ホルダー型」

ホルダー型の特徴は吸収体のみを替えられることでしたね。経血の量が少ない日と多い日の差が大きいという方は、様子を見ながら調整できるので使いやすさを感じられるかも。

また、「ホルダー型」は吸収体と土台を分けられるので、洗濯から乾燥までがスムーズ。布ナプキンの手洗いがネックで始められていないという方は、洗濯のしやすさで選ぶと「ホルダー型」が使いやすいかもしれません。

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

まずはお試し!
2種類のおりもの用入りセット

一番枚数を使う
昼用を試せるセット

多い日でも安心できる
夜用を試せるセット

この記事を書いた人
二宮絵美
二宮絵美

快適に暮らすこと、賢く暮らすことにアンテナをはっているライターです。女性だから知りたいこと、女性だから興味あることにはもちろん興味津々!!「分かりやすく、女性に親しまれる文章」をモットーにさまざまなメディアで執筆しています。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品