布ナプキンはコスパが良いって本当?

投稿日:

生理は毎月やってくるもの。そのたびに使い捨てナプキンを購入すると、一生で約6万円にもなると言われています。量が多い人であれば、さらに金額が増えます。

そこで注目を集めているのが布ナプキンです。繰り返し使える布ナプキンはコスパが良いと言われていますが、本当なのでしょうか?

今回は、布ナプキンのコスパについてご紹介します。

女性の生理に掛かるコストは
一生で150万円以上!?

女性の生理に掛かるコストは一生で150万円以上!?

人によって異なりますが、1人の女性が生涯に支払う生理関連商品のコストは平均150万円を超えるとされています。

生理の日数を合計すると
10年以上になる

AFP通信の解説によると、13歳で初潮を迎えた女性が53歳で閉経を迎えるとすると、実に一生のうち10年以上が生理期間だとされています。

人によって生理期間の長さや初潮から閉経までの年数には差があるので、一概に「10年以上」ということはできませんが、これは決して少なくない日数です。

そんな女性が一生涯に支払う生理関連商品(生理用品やピルなどの薬、下着など)の金額は平均150万円以上になるのです。

近年話題になっている
「生理の貧困」

近年、「生理の貧困」という言葉が知られつつあります。これは、貧困などによって生理用品が購入できないという女性特有の社会問題です。

スコットランドやフランス、ニュージーランドなどでは、この「生理の貧困」を撲滅するため、学校などで生理用品が無償で配られているほか、生理用品に対する課税廃止も導入されています。

女性にとって、生理にかかるコストというのは決して無視できない大きな負担です。

様々な生理用品と
その特徴

様々な生理用品とその特徴

生理用品とひと口に言っても様々な種類があります。

使い捨てる生理用品:
ナプキン・タンポン・月経ディスク

使い捨てのナプキンやタンポン、月経ディスクなどの使い捨てる生理用品は、当然ながら頻繁に購入する必要があるためコストがかかります

しかし、外出先でも簡単に交換できる・洗濯、消毒する手間がないなどのメリットもあります。

選択肢も多く、ナプキンやタンポンはドラッグストアやコンビニなどで簡単に手に入るので、外出先で生理になってしまったときなどに便利です。

使い捨てない生理用品:
布ナプキン・月経カップ

最近は、環境のことを考えて布ナプキンや月経カップといった使い捨てない生理用品を使う人も増えてきています。これらの生理用品の魅力は、なんといっても一度購入すれば長く使えるコスパの良さです。

ただし、洗ったり使い終える度に消毒しなければならないといった手間がかかります。

コンビニやドラッグストアで気軽に購入できる生理用品ではないため、実際に使用するハードルが高い生理用品と言えるでしょう。

布ナプキンは
コスパが良いの?

布ナプキンはコスパが良いの?

使い捨てない生理用品のなかで布ナプキンは比較的使いやすいものです。では布ナプキンのコスパはどうなのでしょうか?

洗って繰り返し使えるから
コスパは良い

布ナプキンは、洗って繰り返し使うことができます。一度購入すると、きちんと手入れをしていれば数年は使えるため、コスパは良いです。

布ナプキンを洗う場合、浸け置き用の容器やアルカリ性の洗剤などを準備する必要があります。しかし、これらは他の用途にも使えるものなので、ひとつあると何かと重宝します。

使うたびに洗う手間はかかりますが、お財布にやさしいコスパの良い生理用品を使いたい人にはぴったりです。

TPOに合わせて使い分けて

最近はフェムテックの開発が盛んで、続々と新しい生理用品が登場しています。興味がある人は調べてみましょう。

使い捨ての生理用品・使い捨てない生理用品ともに、それぞれの魅力があります。

自分の体やTPOに合わせて生理用品を選んで、生理中でも快適に過ごしてください。

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

漏れにくさを体験!
ノーマルと3Dを試せるセット

翌日のストックを完備
便利グッズ付きセット

プチプラで体験♪
さくっと始められるセット

この記事を書いた人
結城 葵
結城 葵

現在、幅広い商品紹介記事や広告記事などをメインに執筆しているWebライターです。月経カップ・布ナプキンユーザー。フェムテックに興味があります。おいしいものとお酒が大好き! 趣味は料理と食べ歩きです。皆さんのお役に立てる情報をわかりやすく発信できるよう頑張ります!

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品