布ナプキンにできる黒ずみの正体

投稿日:
最終更新日:2021/03/09(火)

何度も繰り返し布ナプキンを使っていると、黒ずみができることはありませんか?

黒いポツポツしたシミがあると、布ナプキンの衛生面が心配になりますよね。

今回は、布ナプキンにできる黒ずみの正体についてご紹介します。

布ナプキンの黒ずみの正体

布ナプキンの黒ずみの正体

長く使っている布ナプキンにできやすい黒ずみの正体について、詳しく見ていきましょう。

黒カビ

布ナプキンの黒ずみを擦っても形が崩れない場合は、黒カビの可能性があります。

洗って繰り返し使える布ナプキンは内側に水分が残りやすく、湿気でカビが繁殖する可能性があります。

黒カビは湿気の多い場所を好んで繁殖するので、よく乾燥させることが大切です。

経血がしっかり落ちないと
黒くシミになることも…

経血はタンパク成分でできているため、40℃以上のお湯で洗うと固まって落ちにくくなります。

布ナプキンに残った経血が落ちないと、酸化して黒っぽいシミとなることもあるのです。

経血量が多い日や、布ナプキンを長時間つけている時は経血がしっかり落ちているか、よくチェックしてみましょう。

なぜ布ナプキンに
黒ずみができるの?

なぜ布ナプキンに黒ずみができるの?

今度は、布ナプキンの黒ずみの原因についてもっと詳しく見ていきましょう。

布ナプキンに水分が残ることで
黒カビがついた

厚みのある布ナプキンは、なかなか乾きにくいことはありませんか?

厚みのある布ナプキンは内側が何層にも重なっているので、表面が乾いたように感じられても水分が残っていることがあります。

黒カビが心配な時は日干しで日光に当てて、しっかりと布ナプキンの内側まで乾かすのがおすすめです。

布ナプキンの繊維に
経血汚れが残ってしまった

布ナプキンは繰り返し使っていると生地が傷み、経血汚れが繊維に残りやすくなります。

丁寧に洗濯をしても布ナプキンの経血が落ちにくい時は、洗い方を見直してみましょう。

経血が落ちやすい洗濯洗剤や、つけ置き方法などを工夫すると繊維に染み込んだ経血も落ちやすくなりますよ。

布ナプキンにできる
黒ずみ対策にはコレ!

布ナプキンにできる黒ずみ対策にはコレ!

黒ずみのある布ナプキンはそのまま使わず、清潔にしてから使うのがおすすめです。 黒カビや、経血汚れのシミ対策におすすめの方法をご紹介していきます。

布ナプキンの
黒カビ対策には酸素系漂白剤

カビは繁殖力が高いので、洗剤よりも殺菌効果の高い漂白剤を使って布ナプキンのつけ置きをしてみましょう。

酸素系漂白剤は生地が傷みにくく、防水布を使った吸収力の高い布ナプキンにも使えます。

強力な殺菌効果が期待できるので、黒カビができにくい防菌対策も一緒にできますよ。

効率よく経血汚れを落とすには
ジッパー付き袋がおすすめ

時間の経った経血汚れを効率よく落とすには、使用済み布ナプキンを濡らしてジッパー付き袋に入れておくのがおすすめです。

ジッパー付き袋に水とセスキ炭酸ソーダを入れれば、そのままつけ置き洗いもできるので効率良く経血汚れを落とせますよ。

布ナプキンに染み込んだ経血が完全に乾いてしまうと、つけ置きでも落ちにくくなり、黒ずみになる可能性があるので要注意です。

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

漏れにくさを体験!
ノーマルと3Dを試せるセット

翌日のストックを完備
便利グッズ付きセット

プチプラで体験♪
さくっと始められるセット

この記事を書いた人
ひいらぎ
ひいらぎ

元エステティシャンの経歴を活かした記事作成をメインに、ジャンルを問わず幅広く活躍する30代のWebライター。スキンケア・脱毛・コスメ・片付けなど、読者の「きれいになりたい!」気持ちに寄り添う記事を心がけて制作している。ちなみに布ナプキン歴は5年ほど。ブルーな生理時期を快適に過ごせるように日々奮闘中。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品