黒い布ナプキンって正直どう?

投稿日:
最終更新日:2022/02/09(水)

様々なデザインが選べる布ナプキン。花柄やマカロンカラーなど女性らしいデザインがよくみられますが、中には黒い布ナプキンもあるんです。

一時期ニュースにもなった黒い使い捨て紙ナプキンは下着からみえても気になりにくいなどのメリットもあり話題になりました。では、黒い布ナプキンはどうでしょうか。シンプルな黒には汚れを目立たせない、などのメリットももちろんありますが、繰り返す使うが故のデメリットも。

そこで今回は「黒い布ナプキンってどうなの?」という疑問ついて詳しくご紹介します。きちんと把握したうえで自分に合うかを考えましょう。

黒い布ナプキンのメリット

黒い布ナプキンはクールでスタイリッシュ。サニタリーショーツに濃い色を選んだときに目立ちにくいのがメリットです。シンプルで飽きないほか、万が一経血汚れがついても見えにくいので神経質にならずに済みます。

黒いショーツと馴染む

黒いショーツと馴染む

生理用ショーツで黒を選んだ場合 、ナプキンも黒だと違和感なく馴染むのがメリットです。サニタリーショーツにもいろいろなデザインや色がありますが、汚れが目立たないからと暗い色物を選ぶ人も多いのではないでしょうか。そんな人に黒い布ナプキンは重宝しそうです。生理中に人前で着替えるときなど、ナプキンが目立たないので気になりにくくなります。

華やかなデザインは気分を明るくしてくれますが、黒単色だとクールでかっこいいのでかわいいデザインが苦手な人にもおすすめ。男性が布ナプキンを使う場合にも黒だと使いやすいのではないでしょうか。

汚れが目立ちにくい

黒いショーツと馴染む

万が一シミになってしまっても黒なら目立ちにくいのが特徴です。汚れが見えにくいので、洗濯のハードルがさがります。血を見るのが苦手、という人にはあえて見えにくい黒がいいかもしれません。

黒い布ナプキンのデメリット

一見革命的に思える黒い布ナプキンですが、デメリットも実はあるんです。黒い布ナプキンには経血が見えにくいので量が把握しづらい、汚れが残っていても気づきにくいなど扱い辛さを感じることも。きちんとデメリットを理解してトラブルが起こらないように注意しましょう。

経血量が把握しづらい

経血量が把握しづらい

お肌に触れる肌面側も黒の場合、デメリットも。布ナプキンをつけることで日々の経血量を自己管理しやすいのですが、黒いと経血が見えにくくなり量の把握ができません。洗い流す段階でどれくらいの経血を含んでいるかはある程度把握はできそうですが、白の布ナプキンを使っていると不便に感じることもあるでしょう。

パッと自分の経血量が把握できるという、せっかくの布ナプキンの魅力が損なわれてしまうので、肌面は経血が見えやすい色のものを選びましょう。

経血量が把握しづらいことで洗うときだけでなく、交換のときも気を付けないといけません。どれくらい汚れているのか、黒い部分をよく見ても血で汚れているのかがわかりづらいので、万が一汚れていた場合ショーツにも汚れがつくことも。わかりにくいときは、サッとティシュなどで血の汚れがつかないか確認してみましょう。

汚れが残っていても
気づかない

経血量が把握しづらい

肌面・柄面どちらにもいえることですが黒色などの濃い色を使用している場合、経血汚れを見逃してしまう可能性があります。経血汚れはなるべくすぐに落とした方がきれいに落ちるので、気づかないまま洗濯すると落ちないシミになってしまうことも。

特に血の汚れは落としきっていないと蓄積してカビの栄養になりやすいもの。汚れが残ったまま放置してしまうと、カビが生えるなどのトラブルも招くので注意しましょう。どれくらい洗ったらいいかわかりにくいのは大きなデメリットだといえます。

黒いナプキンの洗い方

黒いナプキンは柄物同様、色落ちに気を付けながら洗う必要があります。ここからは基本的な黒い布ナプキンの洗い方をご紹介します。

01.

軽くすすぐ

軽くすすぐ

まずはつけ置き前に、使用済みの布ナプキンの経血汚れをあらかた落します。表面の汚れだけでなく、内側にも経血は吸収されているので、流水で押し出すように揉みながら洗っていきましょう。

このとき40度以下であればぬるま湯でも大丈夫。何度も押し洗いして水が透明になればOKです。このとき布に経血のシミがついていてもつけ置きで落ちます。

02.

つけ置き

つけ置き

つけ置きはつけ置き用のバケツなどにアルカリウォッシュを溶かした液をいれて用意します。粉なのでしっかり混ぜて溶かしておきましょう。

液に布ナプキン全体が沈むようにつけ置きするのがポイントです。時間は3時間~半日程度。大体の汚れはこのつけ置きで落ちますが、まだ残っていればもう一度、液を新しくしてつけ置きしましょう。

つけ置きは一回の時間が長すぎても効果が薄れてしまいます。放置しすぎはにおいの原因にもなるので気を付けてくださいね。

03.

洗い流す

洗い流す

つけ置きした布ナプキンがきれいになったらすすぎます。これで汚れが落ちたきれいな状態になっているでしょう。

しっかりすすいだら、今度はしっかり水気をきります。このとき、ギュッと絞りすぎると布を傷めるので押さえるようにして水気をきりましょう。ネットにいれて洗濯機で脱水するのも簡単でおすすめです。

04.

干す

干す

水気をきった布ナプキンを干していきます。このときなるべく風通しのいい場所を選んで干すのがポイントです。

湿気の多い場所やこもった室内で干すと、乾く時間が長くなるためにおいが気になることも。雑菌の繁殖を防ぐためにもカラっとすぐに乾く場所に干すのは大切なんです。

布ナプキンお洗濯のよくあるQ&A

黒いナプキンを
洗うときの注意

黒いナプキンは、布を黒く染めているので洗うときに気を付けていないと色落ちをすることもあるんです。洗うときに注意することをまとめたので参考にしてみてくださいね。

洗剤の強さ

洗剤の強さ

デリケートな布ナプキンに強い洗剤を使うことは少ないと思いますが、黒の場合色落ちの原因になるので特に気を付けなければいけません。

布ナプキンにおすすめなのがアルカリウォッシュといわれる粉洗剤です。これは界面活性剤不使用の洗剤で、セスキ炭酸ソーダともいわれます。皮脂やタンパク汚れに強いので、布ナプキンの汚れに適しているんです。

つけ置きの注意点

つけ置きの注意点

つけ置きにもアルカリウォッシュを使いますが、なかなかしつこい汚れや染み汚れには酸素系漂白剤を使う場合があります。酸素系漂白剤は過酸化水素や過炭酸ナトリウムでできています。漂白剤といったら色を抜きそうなイメージですが、酸素系漂白剤は脱色はしないので黒い布ナプキンでも使用できます。

色柄物にも安心して使用できる漂白剤なんです。基本的にはアルカリウォッシュでつけ置きし、においや汚れが気になったら酸素系漂白剤でつけ置きする、適度な頻度であればダメージも穏やかです。

ただし、同じ漂白剤でも「塩素系漂白剤」を選んでしまうと黒色が抜けてしまうので気を付けましょう。

nunonaの布ナプキンに
黒がない理由

黒い布ナプキンにはメリット・デメリットそれぞれありましたが、nunonaには黒の布ナプキンはありません。しかし、肌面にはこだわりの素材、柄面もデザインが豊富なのでとってもおすすめなんです。

シンプルなデザインが好みなら、単色デザインもあるのでチェックしてみてくださいね。

肌面は全部白

肌面は全部白

nunonaの布ナプキンの肌面は安心の天然素材を採用。厳選されたオーガニックコットンがふんだんに使われています。お肌に触れる部分なので安心して使えるよう、厳しい審査基準をクリアしている世界基準認証の糸を使用しています。

わざわざ染料で黒くしてはもったいないですよね。白い肌面なので、経血の状態や色が把握しやすいのが魅力です。

柄面にも黒はなし

肌面は全部白

柄面は、単色ではピンクや黄色、青などの華やかなカラー、柄ではチェックや花柄、水玉から選べます。黒単色はないのですが、どれも生理の憂鬱な気持ちを明るくしてくれそうなデザインなのが魅力です。

黒単色はありませんが、マカロンレッドを選ぶと経血汚れが気になりにくいでしょう。

黒い布ナプキン以外の選択肢

黒い布ナプキンを選ぶメリットとして、見た目がスッキリまとまる、ナプキンがショーツからみえていても気になりにくい、というものがありました。

黒だと汚れも目立ちにくく、染み汚れになってもそこまで気になりません。ただ、意外とデメリットも多いもの。このメリットだけクリアしたらいいのであれば「吸水ショーツ」がおすすめです。

吸水ショーツの特徴

吸水ショーツの特徴

吸水ショーツは布ナプキンとサニタリーショーツが一体になったようなもので、かなり長い時間ショーツ一枚で経血汚れを吸収してくれるアイテムです。

一体になっているということは、見た目もスッキリまとまります。しかもはみ出る布ナプキンもないため、布ナプキンのズレを気にすることなく、シルエットもコンパクトに収まるところが魅力です。

通常のショーツを穿くように、ただ穿くだけで済むので生理のわずらわしさも少なくなります。これだけでも、黒い布ナプキンを選ぶより嬉しいポるんです。

nunonaの吸水ショーツ

nunonaの吸水ショーツ

nunonaの吸水ショーツは紺色でシンプルなアイテムです。黒ではないですが、濃い色なのでシックでスタイリッシュにきまります。締め付けもちょうどよく、一枚でしっかりと経血を吸収してくれるんです。吸収面にはもちろん、オーガニックコットンを使用している肌触りのいいショーツに仕上がっています。

量がふつう~多い人にぴったりな5層構造の昼用布ナプキンとショーツを合体させたようなものなので、安心して長時間穿くことができます。汚れが目立たない、シンプルなアイテムを探している人におすすめです。

布ナプキンを始めてみよう!

布ナプキンを始めてみよう!

ハードルが高そうと思われがちな布ナプキンですが、実は意外と簡単に始められるのもうれしいポイントです。

布ナプキンについてもっと詳しく知りたい人は、『布ナプキンの基礎知識』で詳しくご紹介しているので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね!

布ナプキンの基礎知識
この記事を書いた人
sakuranbo
sakuranbo

元美容師として働いていた知識を元に美容系やトレンド、お得情報など様々な記事を執筆しているママライターです。『やらない後悔よりもやって後悔』をモットーに、体当たり人生を謳歌しています。生理痛に悩み、布ナプキンの虜になってから数年にわたって愛用中。快適な布ナプキンライフの紹介ができたらと思います。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品