デリケートな肌におすすめ母乳パッド

投稿日:
最終更新日:2022/03/25(金)

始まったばかりの子育ては、心配事や悩みがいっぱい。そんな中でも、母乳についての悩みを抱えるママも多いのではないでしょうか。授乳中の乳首はとてもデリケート。慣れない授乳で痛みを伴ったり傷がついてしまったりと、下着があたるだけで悶絶してしまうこともありますよね。そんなデリケートな授乳中の肌には、母乳パッドが役立ちます。

一言に母乳パッドといっても、バリエーションはさまざま。今回は「デリケートなお肌におすすめの母乳パッド」について、選び方のポイントをご紹介します。紙製・布製の母乳パッドの違いなど、より痛みやストレスが少なく過ごせるように提案するので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

母乳パッドの役割とは?

母乳パッドの主な役割は、母乳で下着が汚れるのを防いだり、産後のデリケートになった乳首を刺激しないように優しくホールドすることです。

母乳の分泌は生理の経血同様、自分の意志で調整ができないので、母乳パッドをあてておくことで不快感を軽減することにつながります。はじめに、そんな母乳パッドの役割を詳しくみていきましょう。

01.

下着を汚れから守る

下着を汚れから守る

ブラトップや授乳ブラなど、授乳中は赤ちゃんに母乳が与えやすいような下着を身につけています。基本的に授乳ブラには母乳パッドをつけられるようになっているものが多く、布製・紙製どちらでも使用できます。

母乳パッドを適度に交換することで母乳で下着が濡れてしまった、シミがついてとれなくなった、などと言うような失敗を防ぐことができるので、授乳中には欠かせないアイテムになっています。

母乳の出る量には個人差がありますが、母乳パッドをつけておけば下着の汚れが気になりにくくなるので、母乳の量が少ない方もつけておくことをおすすめします。

02.

乳首の痛みを緩和

乳首の痛みを緩和

出産後すぐに授乳がスタートすることになりますが、はじめのうちは赤ちゃんもママも授乳に慣れていないので、乳首が切れた、乳首がヒリヒリ痛む……なんてトラブルもよく起こります。それでも母乳育児をしようと思ったら、一日のうちに何度も授乳しなくてはいけないので、痛みに耐えながら頑張っている方も多いようです。

そんなときに肌触りのよい母乳パッドを下着につけることで乳首を守り、痛みや刺激の軽減に期待できます。乳首の痛みに悩んでいる方は、直接肌にあたる肌面の素材に注目して母乳パッドを選ぶといいでしょう。

また、母乳パッドがズレることで摩擦が生じて痛みを感じやすいので、ズレないように下着とサイズが合うもの、テープなどで貼り付けられるもの、フィット感があるものなどを選ぶことが大切です。

デリケートな肌に
おすすめなのは?

母乳パッドの役割は何となくわかったけど、デリケートな肌におすすめなのはどんなタイプなのでしょうか?各メーカーからいろいろな母乳パッドが販売されていますが、それぞれに特徴が異なるので、どれを選んでいいか悩んでしまいますよね。

ここからはデリケートな肌の方が注目したいポイントについて解説していきます。ポイントを押さえて、自分にぴったりの母乳パッドを見つけていきましょう。

吸水性のいい母乳パッド

吸水性のいい母乳パッド

吸水性にこだわってつくられた母乳パッドは、短時間でドバドバ母乳が出るタイプの方におすすめです。

吸水性が悪いと母乳を吸い込む前に下着に流れてしまい、不快感につながります。たくさん吸水するものはゴワゴワしていてかさばりそうなイメージですが、コンパクトにつくられているものも多いので、つけ心地の問題もなさそうです。

吸水性のいい母乳パッドは、長時間つけていなければならないお出かけ中や、睡眠時などにもぴったり。こまめに取り替えられないときには、長時間タイプの母乳パッドを選びましょう。

通気性のいい母乳パッド

通気性のいい母乳パッド

布ナプキンなどと同じように、母乳パッドでも通気性のよさは見逃せないポイントです。通気性は、清潔さや肌を健やかに保つために重要です。

母乳は血液から作られる物質で、炭水化物やたんぱく質、脂質などの3大栄養素はもちろん、赤ちゃんの成長に必要な多くの成分が含まれているもの。そんな母乳が流れ出て母乳パッドに吸い込まれると、体温などで母乳の水分がムレて肌トラブルを引き起こすことがあります。

ムレることで母乳の染み込んだ部分に雑菌が繁殖しやすくなるだけでなく、乳首がふやけて傷つきやすい状態になります。傷や痛みがある場合、さらに悪化することにもなりかねません。

通気性のいいタイプの母乳パッドなら、湿気を逃がしてこもるのを防ぐので、ムレによる肌トラブルや雑菌の繁殖によるにおいを防いでくれます。

肌触りのいい母乳パッド

肌触りのいい母乳パッド

母乳パッドを選ぶときにはサイズや吸水性に意識が向きがちですが、デリケートな肌の方は肌触りを重視してみるのもいいでしょう。授乳トラブルで乳首が痛い、傷ができてしまったという方にはとくにおすすめです。肌面にオーガニックコットンを使用しているものはもちろん、アイテムによっては肌にあたる部分をふわふわな質感にしているものもあります。

紙製の使い捨てタイプの母乳パッドでは、まわりのフチの部分が肌にあたったり擦れるような感覚が気になるという方もいます。

チクチク当たる部分の摩擦を軽減できるようにギャザーを入れたり、やわらかなカーブになるようにつくったりと、構造にこだわって肌触りの良さを追求している母乳パッドもあります。肌触りだけでみると、紙製の母乳パッドよりも布製の母乳パッドのほうがおすすめかもしれません。

デリケートな肌に
おすすめなのは紙?布?

デリケートな肌におすすめなのは紙?布?

吸水性も通気性も問題がなさそうなら、紙製の母乳パッド・布製の母乳パッドのどちらを使ってもいいのでしょうか。ここからは紙製の母乳パッドと布製の母乳パッドのそれぞれの特徴や、使いやすさの違いをみていきましょう。デリケートな肌には、どちらがおすすめなのでしょうか。

紙製母乳パッドの
おすすめポイント

紙製母乳パッドのおすすめポイント

紙製の母乳パッドは1枚1枚が安価で、汚れたら使い捨てにできることが最大の特徴です。洗わずにそのまま捨てればいいだけなので、取り替えた後の処理が楽なところが魅力です。

外出先で母乳パッドを忘れてしまったことに気づいても、ドラッグストアなどで簡単に手に入ります。装着は両面テープを直接下着に貼り付けて使うので、ズレにくいのもポイント。アイテムによっては5本ものズレ防止テープがついているものもあります。

製品によってはたっぷり母乳を吸水するけどスリムなものや、丸いフォルムにこだわってつくられたものなど、デリケートな部分に使うものなのでこだわりが感じられます。

布製母乳パッドのおすすめポイント

布製母乳パッドのおすすめポイント

布製の母乳パッドの1番のおすすめポイントは、なんといってもそのつけ心地のよさではないでしょうか。各メーカーが素材にこだわってつくっているので、触り心地がふかふか。肌へのやさしさや、安心感が魅力的です。

つけていると柔らかいのに、デリケートな乳首をしっかりと保護してくれます。紙製の母乳パッドに比べると1枚の価格は高く感じますが、洗って繰り返し使えるので、長期的に考えるとコスパもいいでしょう。

布ナプキンのように浸け置き洗いをする必要はなく、表面をササっと洗って洗濯機で他の洗濯物と一緒に洗えるところも魅力です。サラッと快適なつけ心地の紙製母乳パッド、フワッと温かなつけ心地の布製母乳パッド、好みに合わせて選びましょう。どちらかだけに絞るのではなく、その日の予定や都合に合わせて併用するのもおすすめです。

母乳パッドは清潔を保つことが大事?

デリケートな肌の人はとくに、母乳パッドを清潔に保つことが重要です。ではどれくらいの頻度で交換するのが正解なのでしょうか。紙製の母乳パッドならそのまま捨てていいのですが、布製の母乳パッドは洗濯する必要があります。長く清潔につかうためには、きちんと正しく洗うことも大切なのでしっかり確認しておきましょう。

母乳パッドの交換頻度

母乳パッドの交換頻度

母乳パッドもナプキンと同じように、汚れたまま付け替えずに放置していると、衛生面が気になります。母乳の水分でムレて雑菌が繁殖すれば、母乳を飲む赤ちゃんにもよくありません。

ムレたままの状態が続くと肌がふやけて傷つきやすくなるので、トラブルも起きやすくなってしまうんです。交換のタイミングはなかなかわかりづらいので、母乳パッドをつけていて湿ったような不快感を感じるときや、授乳のタイミングと一緒に交換するといいでしょう。

母乳の量が少ないからといって、汚れた母乳パッドを長時間つけている方は、一度交換頻度を見直してみましょう。

母乳パッドの洗い方

母乳パッドの洗い方

布製の母乳パッドは1回使うたびにきれいにしましょう。つかう洗剤は、布ナプキンと同じアルカリウォッシュで大丈夫です。自宅にない場合は、普通の洗濯用洗剤でもOK。

母乳パッドを洗濯機に入れる前に、軽く手洗いします。染み込んだ母乳を手で揉みだすように、やさしく押し洗いしましょう。

洗濯機に入れるときはネットに入れておくと型崩れがしにくくて安心です。脱水したら軽く形を整えてから、風通しのいい場所に干してくださいね!生乾きで使用すると雑菌の繁殖の原因になるので、必ず完全に乾ききるまで干すようにしましょう。

ママにやさしいnunonaのオーガニックコットン母乳パッド

ママにやさしいnunonaの
オーガニックコットン母乳パッド

育児中のママが開発

>育児中のママが開発”></div>
        <div class=

デリケートな授乳期のママのおっぱいと、生まれたばかりの赤ちゃんにも安心してお使いいただけるように、肌面も吸収体もオーガニックコットン100%で作ったnunonaの母乳パッド。

布ナプキン専門店だからこそ生まれた、肌心地のよさと繰り返し洗って使える母乳パッドです。

育児中のママが開発

デリケートな授乳期のママのおっぱいと、生まれたばかりの赤ちゃんにも安心してお使いいただけるように、肌面も吸収体もオーガニックコットン100%で作ったnunonaの母乳パッド。

オーガニックコットン素材特有のふんわりとした着け心地と、洗っても肌面がやわらかく、いつでもふわふわ感を保てるのが特徴です。nunonaの母乳パッドのサイズは、12cm・13cm・14cmの3種類。お手持ちの下着にしっかりフィットできるよう、サイズを揃えています。

この記事を書いた人
いまむらゆかこ
いまむらゆかこ

大阪市在住のフリーライターです。エステティシャンとスキンケアメーカー勤務を経て、肌や美容・ライフスタイルに関わる記事を中心に執筆。おとな女性に向けたコンテンツを日々作成し、届けています。野良出身の足が短いねこと暮らしています。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品