気になる布ナプキンの買い替え時は?

投稿日:
最終更新日:2021/07/29(木)

布ナプキンを既に使っていたり、これから使ってみようと考えている方の中で「布ナプキンはどれくらい経ったら買い替えどき?」と気になったことはありませんか?

布ナプキンの買い替えどきはコストにも大きく関わることなので、とても気になりますよね。

そこで今回は「布ナプキンの買い替えどき」についてご紹介します。

布ナプキンの買い替えどき
サインは?

どんな状態になったら布ナプキンは買い替えどきなのでしょうか?ここでは気になる布ナプキンの買い替えどきのサインを紹介します。知っておくと、悩まずにスムーズな買い替えができるでしょう。

肌当たりが良くないと感じたら

肌当たりが良くないと感じたら

布ナプキンの大きな魅力のひとつとして、やわらかで心地よい肌あたりが挙げられます。

布ナプキンを何年も使用していると、少しずつ布が硬くなることによって肌あたりが変わってくるんです。硬くなったかも、と感じたら買い替えどきのサインかもしれません。丁寧に扱っていても、何年も繰り返し使うことでどうしても布の劣化は少しずつ起こるんですね。

下着側の布が破れてしまったら

下着側の布が破れてしまったら

下着側の面の内側には「透湿防水布」が使用されています。

透湿防水布は、水分を漏らさずに湿気を逃がす働きがあり、経血を漏らさないようガードする重要な布です。これが破れると経血は漏れてしまいます。

したがって下着面が破れてしまったり、こまめに布ナプキンを交換しても経血が漏れてしまう場合は、布ナプキンの買い替えどきと言えるでしょう。

汚れが残るようになったら

汚れが残るようになったら

しっかりつけ置き洗いや揉み洗いをしているのに黄ばんできた、カビのような黒い点がとれなくなった、という人は要注意。

きれいに洗ったつもりでも、汚れが残っているのかもしれません。

黄ばみなどは漂白剤でとれるので、どうしてもとれない場合たまに使用するのはOK。しかし頻繁にすると布を傷めるので注意が必要です。

なんだか汚れ落ちが悪いと感じることが多くなれば、布に汚れが蓄積されて落ちにくくなっています。 汚れがスッキリしない日が多いなら 買い替えを検討しましょう。

防水性と吸収力で選ぶ

布ナプキンの寿命は
どれくらい?

では、そもそも布ナプキンはいったい何年くらい使えるのでしょうか?布ナプキンを使ったことがない方は特に気になるポイントですよね。はじめに目安を知っておくと買い替える参考になるでしょう。

布ナプキンは買い替えるまでに
何年くらい持つ?

布ナプキンは買い替えるまでに何年くらい持つ?

nunonaの布ナプキンは、平均で約3~5年もの間、繰り返し使えます。

持っている枚数や洗濯の仕方によって個人差はありますが、中にはもっと長く使っているという方も。

こんなに長く使えると、お財布にも環境にもとてもやさしいですよね。また、使い捨てナプキンなら、頻繁に買い足す必要があるので、そういった手間も省けます。

なぜこんなに長持ちするのか

なぜこんなに長持ちするのか

布ナプキンは一般的に天然素材を使い、下着と同じように丁寧に作られているため長く使い続けることが可能です。

nunonaの布ナプキンは、何度もお洗濯をしたり、肌と当たって摩擦を繰り返すことを想定してつくられています。そのためひとつひとつ手作業でつくられ、品質にもとてもこだわっています。

大切なお肌に直接当てるものだからこそ、厳しい検査で品質を保ち、長い間心地よく使えるものを目指しているんですね。

布ナプキンへのこだわり

布ナプキンの買い替えどきを
早めるNG行動

布ナプキンが長持ちしたり、買い替えどきが早まったりするのには、扱い方が大きく関わります。

誤った扱いをすると、それだけ早く買い替えないといけなくなるので、注意が必要です。NG行動を改めて、長く大事に使いましょう。

ゴシゴシ洗いはNG

ゴシゴシ洗いはNG

布ナプキンは、つけ置きの前に手洗いをするのがお約束。ですが、この手洗いのときに布同士を擦り合わせるようにゴシゴシ洗ってしまっては、すぐに傷んでしまいます。

手洗いのときには、経血をやさしく揉み出すように洗ってください。経血の色が出なくなるくらいまで手洗いができたら、次のつけ置き洗いで中に残った汚れもしっかりと落とせます。

簡単3ステップ!布ナプキンの洗い方

紫外線の当たる場所に
長時間干すのはNG

紫外線の当たる場所に長時間干すのはNG

布ナプキンの手洗いやつけ置きをしたあとに、天日干しをするのは殺菌効果もあるのでとてもおすすめです。

ですが、あまりに長時間干したままにしておくと、布ナプキンが傷んでゴワゴワになってしまうこともあります。天日干しをするときは、乾いたらすぐに取り込むようにしましょう。

強い洗剤を頻繁に使うのはNG

強い洗剤を頻繁に使うのはNG

こだわりの生地で作られている布ナプキン、洗うときも素材を大切にすれば長持ちするんです。

漂白剤は汚れ落ちはいいのですが、普段の経血汚れに対してはアルカリウォッシュで十分です。汚れが落ちるのが早いから、と頻繁に漂白剤を使いすぎると布が傷んでゴワゴワしてきます。

布ナプキンのやわらかい風合いを守るためにも、普段から使う洗剤は気をつけましょう。

煮洗いはNG

煮洗いはNG

がんこな汚れを落とす方法として煮洗いをする人は素材に注意。煮洗いに適していないものだと、素材が傷む可能性があるからです。

ちなみにnunonaの布ナプキンは透湿防水布を採用しているため煮沸洗いは推薦していません。

レースや色柄のある生地、またプラスチックのスナップボタンなどがある場合も煮洗いは避けた方がベターです。

布ナプキンお洗濯のよくあるQ&A
この記事を書いた人
いまむらゆかこ
いまむらゆかこ

大阪市在住のフリーライターです。エステティシャンとスキンケアメーカー勤務を経て、肌や美容・ライフスタイルに関わる記事を中心に執筆。おとな女性に向けたコンテンツを日々作成し、届けています。野良出身の足が短いねこと暮らしています。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品