吸水ショーツのデメリットとは?

投稿日:
最終更新日:2021/08/18(水)

ナプキン交換のわずらわしさがないことから注目を集めている新しい生理用品「吸水ショーツ」——気になっている人も多いのではないでしょうか?「快適に過ごせそう」「ラクそう」という声がある一方で、「本当に漏れないの?」「衛生面が不安」と心配する声があるのも事実です。実際に使った人から話が聞ければ良いのですが、使っている人はまだ少ないため「実際に使ってみて感じたメリット・デメリット」という話はなかなか聞こえてきません。

今回は、吸水ショーツのデメリットついてご紹介します。

吸水ショーツとは?

吸水ショーツとは?

吸水ショーツとはどんなものかご紹介します。

吸水ショーツはナプキン要らずって本当?

吸水ショーツは、文字通り経血を吸収してくれるショーツです。クロッチ部分に吸収体が入っているため厚みがあり、軽い日であればそれ1枚で過ごすこともできます。

吸水ショーツは、経血を吸収させるものとして作られているので、ナプキンを当てる必要はありません。吸水量は商品によって異なりますが、なかには50ml以上の経血を吸収してくれるものもあり、タンポンや月経カップとの相性が良いです。

こまめなナプキン交換が煩わしいという人にはぴったりのアイテムといえるでしょう。洗って繰り返し使えるエコ&サステナブルな点も魅力です。

吸水ショーツって、どこで買えるの?

少し前までは、限られたブランドからしか販売されていなかった吸水ショーツですが、最近は大手衣料品店でも販売が開始されるなど、続々と新しい製品が登場しています。

とはいっても、実店舗で手に取れる場所はまだ限られており、通信販売で購入している人が多いようです。

通信販売で買える吸水ショーツは、1枚5000円以上するものもあり、通常のショーツよりも高価なものが少なくありません。


吸水ショーツのメリットとデメリットは?

吸水ショーツのメリットとデメリットは?

吸水ショーツのメリットとデメリットをご紹介します。

吸水ショーツのメリット

吸水ショーツのメリットは、大きく4つあります。一つずつ詳しく見ていきましょう。

1つめのメリットは、ナプキンを交換する手間がかからないことです。通常のショーツを同じように履くだけで、ナプキンの交換から解放されるのは、なかなかトイレに行けない・忙しい女性には嬉しいメリットではないでしょうか?2つめのメリットは、漏れる心配が少ないことです。吸水ショーツのなかには、前も後ろもウエスト部分まで吸収体が縫いつけられているものや、横モレしにくいボクサータイプのものもあります。ナプキンのズレからくるモレ・溢れモレに悩まされることが少ないのも嬉しいポイントです。

3つめのメリットは、生理になりそうなときに履いておくと安心できる点です。「もうそろそろ生理になりそうだな」というときに履いておくと、万が一外出先で生理になっても、慌てて生理用品を買わずに済みます。4つめのメリットは、ゴミが出ないことです。洗って繰り返し使えるので、エコかつサステナブルな生理用品であるといえるでしょう。

吸水ショーツのデメリット

一見便利な吸水ショーツですが、デメリットもあります。多い日などは長時間履いていると臭いが気になりますし、粘度の高い経血を吸収しきれずに漏れてしまうことがあります。

クロッチ部分に厚みがある分、乾きにくくムレやすいのも気になるポイントです。クロッチの表面に残った経血が肌に長時間触れることで、かぶれやかゆみが出ることもあります。

生理期間中を吸水ショーツだけで過ごそうとすれば、洗い替え用のものが必要になりますが、1枚あたりの価格が高く、枚数を揃えるとなるとそれなりのお金がかかるのもデメリットです。また、人によっては、1日の終わりに手洗いで経血をすすぐ必要があることもデメリットになり得ます。洗うのが面倒・億劫に感じる人、肌が極端にデリケートな人には向かない生理用品であるといえるでしょう。


エコ&サステナブルな生理用品は吸水ショーツだけじゃない!

エコ&サステナブルな生理用品は吸水ショーツだけじゃない!

エコ&サステナブルな生理用品を使ってみたい人は、まず布ナプキンからはじめてみましょう!

吸水ショーツに比べて導入ハードルが低い布ナプキン

エコ&サステナブルな生理用品に興味があるという人は、いきなり吸水ショーツを試すより、まず布ナプキンを試してみましょう。

布ナプキンは、文字通り布でできたナプキンです。使い捨てナプキンとほとんど変わらない形なので、吸水ショーツよりも試しやすいのではないでしょうか?

吸水ショーツと違い、アルカリ性の洗剤でつけおき洗いする必要はありますが、吸収体の面積が小さい分吸水ショーツよりもムレは気になりにくいです。

通気性にこだわるなら、3Dタイプがおすすめ!

nunonaでは、吸収体の中央部分が防水布に縫いつけられていない、3Dタイプの布ナプキンも販売しています。3Dタイプの布ナプキンは、通常の一体型布ナプキンに比べて通気性が良く、ムレにくいのが魅力です。

防水布と吸収体の間を空気が通るので乾きやすく、洗うときも裏返してしっかり洗えます

厚みや大きさなど様々なタイプが販売されているので、吸水ショーツが気になっている人は、まず布ナプキンからエコな生理用品を試してみてください。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
結城 葵
結城 葵

現在、幅広い商品紹介記事や広告記事などをメインに執筆しているWebライターです。月経カップ・布ナプキンユーザー。フェムテックに興味があります。おいしいものとお酒が大好き! 趣味は料理と食べ歩きです。皆さんのお役に立てる情報をわかりやすく発信できるよう頑張ります!

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品