経血って実は「無臭」?生理中のニオイ対策を紹介!

投稿日:

もともと経血は無臭ですが、生理中のニオイが気になるという人は、多くいらっしゃるのではないでしょうか?

「人よりも生理のニオイがきついかも…」と悩んでいる人へ、実はとっても簡単な生理中のニオイ対策をご紹介します。

なぜ生理中にニオイがするの?

そもそも、生理中になぜニオイが気になってしまうのでしょうか?

実は、経血の9割は膣や子宮からの分泌物・酵素・子宮内膜・粘液で、残りの1割が血液。
経血は排出されたばかりのときは無臭ですが、排出後に空気に触れた瞬間から酸化が始まり、独特のニオイが発生してしまいます。

きついニオイの原因は?

ニオイの原因

時間が経てば経つほどニオイが強くなってくる、なんてことはありませんか?
実はこの原因には、ムレによって経血に雑菌が繁殖してしまうことが挙げられます。

ナプキンの中では、吸収量が多く長時間着けられる特徴がありますが、長時間同じナプキンを使い続けてしまうと「ムレ⇒雑菌の繁殖⇒ニオイ」に繋がってしまいます。

吸収量が多いナプキンを使用する場合も、できる限りこまめに交換をするのがオススメです。

ニオイ対策なら布ナプキンがオススメ

使い捨てナプキンの多くは、防水性を高めるために下層にビニール素材を使っています。このビニール素材によって湿気が閉じ込められ、ニオイの原因にもなるムレが発生しやすくなってしまいます。

一方、布ナプキンは通気性に優れているためムレにくく、布ナプキンの中でも天然素材が使われたものを選ぶことで、ニオイの原因を取り除くことができます。

布ナプキンのポイント01.通気性がいい

通気性がいい

布ナプキンは、オーガニックコットンなど、素材そのものの吸湿性や速乾性を活かして作られています。

使い捨てナプキンのときと同じようにこまめに交換するだけで、通気性がよく、ムレにくい快適な状態が続きます。

布ナプキンのポイント02.ムレにくい

ムレにくい

使い捨てナプキンのほとんどは、防水性を上げるためにシートの下にビニール素材を使っています。
これによって通気性が悪く、ムレやニオイが発生しやすい状況を作ってしまっています。

それに対し、布ナプキンではビニール素材は不使用。
また、nunonaではすべての布ナプキンに「透湿防水布」を使用しています。この透湿防水布により、経血は漏らさずに湿気を逃がすのでムレにくく、ニオイの発生が起こりにくいのです。

ナプキンだけじゃない!ニオイ対策のあれこれ

生理中のニオイ対策は、日常生活のちょっとした気遣いでも対策できます。

布ナプキンと併用すれば、さらに効果的なニオイ対策をご紹介します。

対策01.デリケートゾーンを清潔に保つ

デリケートゾーンを清潔に保つ

生理中に自宅にいるのであれば、ナプキンの交換と同時に、洗面所やお風呂でデリケートゾーンを洗いましょう。
外出先にいる場合は、ビデなどの洗浄機能を使うのが効果的です。

ただし、膣にはもともと自浄作用(自然と細菌を繁殖させないようにするチカラ)があるので、必要以上に石けんなどで陰部を洗い過ぎないように注意しましょう。

対策02.アンダーヘアを短くする

アンダーヘアを短くする

アンダーヘアが生理の血で濡れた状態が続くと、ニオイの原因にもなります。

ナプキンの交換後はアンダーヘアも拭く、もしくは短く処理をするなどして、衛生的にすることも対策の一つです。

対策03.パンツよりもスカートを履く

スカートを履く

生理のときには経血のニオイが心配かもしれませんが、通気性を良くするために思い切ってスカートを穿いてみましょう。

ムレはニオイの原因にもなるので、通気性が良いスカートにすることでムレにくくなり、生理中のニオイも気にならなくなります。

自分に合ったニオイ対策をしましょう

いかがでしたか?
生理中のニオイは、ちょっとした工夫で対策ができるんです。

みなさんも自分に合った方法で、憂鬱な生理期間を乗り越えましょう!

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品