布ナプキンって本当に排卵痛に効くの?

投稿日:

生理の悩みといえば、生理痛や排卵痛などの痛みですが、毎月重い痛みで苦しむ人も多いのではないでしょうか。

そんな女性にオススメしたいのが布ナプキンです。
布ナプキンのメリットとして、生理痛や排卵痛の痛みを和らげるといわれています。

でも、なぜ布ナプキンに変えるだけで排卵痛が和らぐのか不思議ですよね。
今回は、布ナプキンがなぜ排卵痛に効くといわれているのかご紹介します。

排卵痛はいつ起こる?

排卵痛

排卵痛とは、排卵日の前後に起こる下腹部の痛みで、長くても3日あれば収まるといわれていますが、程度の重い人によっては生理痛と同じような重い痛みを感じる人もいます。

排卵痛の原因は、肝臓機能の低下やストレス、血流の低下といわれています。
ストレスや疲れが溜まり、ホルモンバランスが崩れると痛みがひどくなる場合があるようです。

布ナプキンが排卵痛に効く理由

布ナプキンを使い始めてから排卵痛が緩和されたという声をよく聞きますが、なぜ布ナプキンに変えるだけで緩和されるのか不思議ですよね。

そのようにいわれている理由をまとめました。

温め効果で血流を良くする

温める

実は、排卵痛も生理痛と同じように、冷えていて血流が悪いほど痛みを感じやすくなります。
そのため、下腹部周りを中心に温めてあげると血流が改善され、痛みも和らげることができます。

布ナプキンは、布を何枚にも重ねてできており、服の重ね着と同じような温め効果が得られるため、排卵痛の緩和にもつながっているのではないかといわれています。

また、痛みを感じた時だけでなく、毎日おりもの対策として布ナプキンを使っていると、自然と冷え対策も同時にできる手軽さもあります。

毎日布ナプキンを使うようになってから、血流の良い状態が保たれるようになり、排卵痛が起きづらくなった人もいるようです。

使用者のレビュー

すごく冷えが緩和され、子宮が温められる感覚です。ストレスも解消された感じでした

引用元:nunona「ふわふわ起毛のあったか17cm布ナプキン(4層スリム・ピンク)」

いつもはお腹が冷たいのですが、布ナプキンを着けているとお腹が温かく、普段は冷えていたのだと気が付きました。

引用元:nunona「おためし3日間セット(単色セレクト)」

「布ナプキンは子宮を温める効果がある」と初めて聞いたときは、そんな馬鹿なと思っていた私ですが、使ってみてびっくりです。本当に暖かく、まるでカイロをあてているかのようです。

引用元:nunona「昼用布ナプキンまとめ割セット(ピンク・パープル)」

ホルモンバランスの乱れを防ぐ

ホルモンバランス

ストレスによるホルモンバランスの乱れや血流の滞りも、排卵痛の原因といわれていて、生理中のデリケートゾーンのムレや、かぶれなどでストレスを感じやすい人も、痛みが強くなる傾向があるようです。

カサカサ感を感じやすい紙ナプキンと違い、布ナプキンは肌触りや通気性が良いため、ムレやかぶれを防止してくれます。

そのため、布ナプキンを使用すると生理中のデリケートゾーンのストレスが解消され、排卵痛の緩和につながっているようです。

使用者のレビュー

生理痛がいつもより軽くて、臭いも少なくて快適でした。
オーガニックコットンが柔らかくて温かくて、蒸れやかゆみもなかったです。

引用元:nunona「おためし3日間セット(単色セレクト)」

使い捨てナプキンだと生理3日目くらいからかゆみやヒリヒリを感じるのですが、布ナプキンだと全く痒みを感じることもなく、それまでに感じていた出血した時の不快感(ドロッと出てくる感じ)もありません。

引用元:nunona「夜用布ナプキンはじめてセット(ピンク・パープル)」

柔らかくて、とてもつけ心地が良かったです。
紙ナプキンではかゆみが時々でていましたが、布ナプキンでは肌ストレスがなくなりそうです。

引用元:nunona「昼用布ナプキンはじめてセット(ピンク・パープル)」

いかがでしたか?

布ナプキンの温め効果や快適な肌触りが、排卵痛軽減に効くといわれている理由になっているようですね。

排卵痛で悩んだときは、ぜひ一度布ナプキンを試してみてはいかがでしょうか。

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品